八王子市で思い出に残る最良な葬式を実行する方法を紹介

サイトマップ
葬式

費用や手間を抑えることが出来る直葬とは?

日本は、無宗教の国というイメージがありますが、実際の葬儀には様々な宗派が絡んでくるものです。
そのため、実際の葬儀費用は、実費と「お布施」などの合計となり、手痛い出費となりがちです。
葬儀は、亡くなった方の供養のためもありますが、多くの場合、残った人たちの気持ちの問題でもあります。
経済的な理由で、葬儀費用をなるべく抑えたいと考えている人もいることでしょう。
最近では、そのように考える人のニーズに合わせて「シンプルなお葬式」プランが提案されています。
葬儀に本当に必要な最小限の葬儀内容なので、可能な限り葬儀代を低く抑えることが出来ます。
シンプルプランの場合、「直葬」が一般的です。
通常の葬儀では、ご安置→お通夜→告別式→火葬→拾骨→解散という流れになります。
これに対して直葬では、ご安置→火葬→拾骨→解散という流れです。
最も費用がかかるお通夜や告別式がないので、その分安価に済ますことができます。
葬儀の準備や手続きに時間を取れないという方が利用するケースが多いようです。
また、葬儀の際の返礼品や礼状などの煩雑さからも開放されます。
参加するのは、ごく親しい親族数人となるため、無駄な気遣いも不要です。
火葬前には、炉前で最後のお別れもできますので、しっかりと故人を送り出すことが出来ます。
費用は13万程度となっており、簡潔な葬儀を望む人の利用が多くなっています。

TOP